平成30年度定例会・会員交流会を開催しました

11月19日月曜日に福島駅西口のコラッセふくしまにて、平成30年度定例会が開催されました。
午前中の公開シンポジウムに続き、午後3時から開催され、約90名の会員が参加しました。

復興庁 小山統括官、経済産業省福島新産業・雇用創出推進室 諸永室長、
(一財)福島イノベーション・コースト構想推進機構 伊藤専務理事にご挨拶を戴いたのち、
特許庁、(一財)福島イノベーション・コースト構想推進機構、東芝エネルギーシステムズ株式会社より講演をいただきました。

その後、検討部会報告として最新の部会活動成果が各部会代表者から報告されました。
定例会後は会場を変え、ザ・セレクトン福島にて、福島復興に関わる官民学の皆様の参加により会員交流会を開催しました。

【プログラム】

1.ご来賓挨拶
1)復興庁 統括官  小山 智 様
2)経済産業省 福島新産業・雇用創出推進室 室長  諸永 裕一 様
3)一般財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構 専務理事  伊藤 泰夫 様

2.講演
1)福島県における知財活用推進に向けて
特許庁総務部 普及支援課 企画調査官  小林 英司 様

2)一般財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構の取組みについて
福島県企画調整部理事兼福島イノベーション・コースト構想推進監
一般財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構 事務局次長 安栖 宏隆 様

3)福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R))について
東芝エネルギーシステムズ株式会社 水素エネルギー事業統括部
事業開発部 P2G事業開発担当 グループ長  山根 史之 様

3.部会報告
1)防災部会
2)拠点・地域連携部会
3)次世代農林水産部会

4.閉会

以上