【イベント情報】世界防災フォーラム/防災ダボス会議 @仙台2019(11/9-12)

世界防災フォーラム/防災ダボス会議 @仙台2019
(主催:WBF国内実行委員会及びWBF国際実行委員会)
http://www.worldbosaiforum.com/2019/

今年で第2回目を迎える世界防災フォーラムでは、よりよい復興とは何か、心の復興とは何か、
また、近年深刻化する気候変動による災害にどのように対処していけばよいか、
さらに、AIやIoT技術などの先進技術の防災への応用・試み等、魅力的なコンテンツを発信することを目指しています。

大小さまざまな約50のセッションからなる国際会議とともに、
「仙台防災未来フォーラム」「震災対策技術展」など関連行事を同時開催します。

★廃炉・レジリエンス部会の企画・主催によるセッションは、11月12日(火)15:30から開催されます。

日 程:2019年11月9日(土)~12日(火)
場 所:仙台国際センター会議棟/東北大学 川内萩ホール
参加費:有料
※詳細はこちらをご覧ください。
内 容:
●11月9日(土) 前日祭
時 間:13:20~17:30
場 所:東北大学百周年記念会館 川内萩ホール(〒980-8576 仙台市青葉区川内40)
入場料:無料

●11月10日(日)~11月12日(火)
【セッション】 ※プログラム
大小さまざまな約64のセッション(国際機関、政府機関、NGO、大学、民間企業等)を行い、防災の最先端を議論します。50~1,000名規模の会場から構成されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《廃炉・レジリエンス部会企画・主催によるセッション》
日 時:11月12日(火)15:30-17:00
会 場:会議棟2階 橘(Room2)
テーマ:”FUKUSHIMA” its disasters archives, current revitalization status and the future
(福島の災害と復興の現状そして未来)
内 容:イノベ構想及び復興の状況、災害レジリエンスや地域の将来に関する議論をパネルディスカッション方式で実施
登壇者:(公社)福島イノベーション・コースト構想推進機構 事務局次長 安栖宏隆氏
(株)ふたば 代表取締役 遠藤秀文氏
廃炉・レジリエンス部会長 北村秀哉氏/東京電力ホールディングス(株)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ポスターセッション】
国内外の産官学民の参加者によるポスター発表

【ミニプレゼンテーション】
防災に関連する取組みや研究で得られた知見などを発表(一件あたりの発表時間は15分を予定)

【一般展示】
フォーラムに参加する団体の組織や活動を紹介する展示(英語)を30展示程度予定

【レセプション】
日 時  :11月10日(日) 20:00 ~(2時間程度)
場 所  :ホテルメトロポリタン仙台
参加対象者:フォーラム参加者の方とその同伴者の方 ※要申込

●11月13日(水)以降
【エクスカーション/スタディツアー(説明言語:英語)】
宮城県を中心に、岩手、福島まで、東北の震災後の現状や復興への取り組み、
さらに地域の食や文化を体験して頂ける多様なコースをご用意。
詳しくはプログラムをご覧ください。

——————————————–
お問い合わせ先:
世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2019 運営事務局

●一般問い合わせ窓口
株式会社コンベンションリンケージ内
TEL:022-722-1657(平日 10:00~17:00)
メール:wbf2019@c-linkage.co.jp

●参加登録に関する問い合わせ窓口
株式会社コンベンションリンケージ内
TEL:022-722-1657(平日10:00~17:00)
メール:reg-wbf2019@c-linkage.co.jp

●コンテンツ内容に関する問い合わせ窓口
一般財団法人 世界防災フォーラム 事務局
TEL:022-263-1688
メール:info@worldbosaiforum.com