【イノベ関連情報】「福島ロボットテストフィールド」の一部が開所しました

7月20日、「福島ロボットテストフィールド」(RTF)の一部が開所しました。

RTFは、物流、インフラ点検、大規模災害などに対応する陸・海・空のフィールドロボットの
一大研究開発拠点として、経済産業省と福島県が南相馬市及び浪江町に整備するもので、
今回、先行して、ドローンの安全な飛行を支える機能を集約した「通信塔」を開所すると同時に、
南相馬市~浪江町の約13kmを「広域飛行区域」に設定し、円滑に試験できる環境を整えます。

8月9日には、これを活用した運行管理試験の第1弾として、
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)により、「物流」、「災害調査」、「点検」の
3つの利用シーンを想定した、3台のドローンによる同時飛行試験が実施されます。

詳細は、経済産業省HPをご覧ください。

(参考:RTF ホームページ