ふくしまみらいビジネス交流会が開催されました

2月27日(月)、3月6日(月)の両日、「ふくしまみらいビジネス交流会」が開催されました。このイベントは、イノベーション・コースト構想の実現に向けて浜通り地区へ最先端技術を活用した新たな産業を生み出すことを目的に、また、地元企業と、新たなプロジェクトに取組む企業とのビジネス機会創出のための交流を促進することを目的に、経済産業省と福島県が主催し、福島双相官民合同チームの協力により実施されたものです。

 

 

 

 

 

 

2月27日はロボット、3月6日はエネルギー、環境リサイクルの各分野について国・県からの実用化補助金を活用して先端的な取組を進める企業各4社、合計8社によるプレゼンテーションの後、ビジネスコンサルタント、福島双相官民合同チームも参加してパネルディスカッションが行われました。冒頭、主催者である経済産業省の黒田福島新産業・雇用創出推進室長から、このイベントを県内企業の連携による新たな起業やビジネスチャンスにしたいとの挨拶があり、登壇した各企業からは、新規事業内容の説明に加え地元企業、地域との連携の必要性、人材への期待、将来ビジョンなどが熱く語られました。セッション終了後の企業紹介ブースにての交流会では、熱心な質疑や意見交換が行われ、盛会のうちに終了しました。当協議会からは、パンフレット配布によるPR活動を行いました。

事務局